ヒロコの備忘録

ガイナーレ鳥取 湘南ベルマーレ 日記

義母四十九日法要、納骨打ち合わせ

まだ続きをば…

 

木金の仕事は…暑かったなぁ。

仕事だけで疲弊する。

 

 

そして、土曜日。

夫に一任するつもりだったのだけれど…

夫と一緒に義母の四十九日法要、お墓の契約のために霊園に。

(このままの冷戦状態じゃ…ヤバイでしょ)

同行しました。

 

打ち合わせの備忘録。

四十九日の法要の日取りの決定。

10/4(日)10:00〜

(ベルマーレのホームの試合と重なっているけど…仕方ない)

お墓の形式

30年の有期にする。

1ヶ月前までに申し出れば延長可能(別途料金は掛かる)

➡︎共同に移動

(無期…通常のお墓…六親等以内で引き継ぎ可能)

"夫は自分がここに入るかわからない"

って言ってくれて、少しホッとする。

 

お墓が四十九日までに出来上がるって!!

一緒に納骨も出来るね!

 

夫が書類に記入する間にメモを取って話を聞く。

 

管理事務所は火、水曜日がお休み。

 

10/4(日)のスケジュール

10:00〜四十九日法要(霊園内の斎場で)

10:30〜納骨

 

僧侶は霊園のお付き合いのあるお寺さんにお願いする。

・お布施…5万円

・車代…5千円

(直接初めのご挨拶の時にお渡しする)

…どんなふうに包むのかとか…分からないよね。

➡︎要検索、用意

 

入金後に墓地使用許諾書と預けた住民票が送られてくる。

供花は自分で用意する。

一対…花屋で手配。法事用でお願いする。当日持参する。

(霊園で用意して欲しいよね)

➡︎要花屋に注文

 

果物、お菓子も自分で用意する。

➡︎要検索、用意

 

服装はフォーマル

 

納骨に必要なもの

・お骨

・埋葬書類(お骨の箱に入っている)

・墓地使用許諾書

 

お線香は持参

お焼香は会場で用意

 

 

墓石の事(担当は石材屋さん)

先ずは石を決める。

(当たり前だけれど…値段は様々…日本製はもちろんお高い、次いでヨーロッパ、インド…中国製が一番お安い)

 

一番お安い…中国製の中国青葉を使用。

f:id:hirobellgo:20200907114227j:image

(こんな感じの白黒の石)

…黒々とした石はお高いの。

日本製のものは…似ているのだけれど見本を見るとツヤが違うわね。

葬儀の斎場のご紹介の10%値引きがあったので、土台の石を墓石と同じワンランク上にしてもらう。

 

墓石に行書で◯◯家と彫り込み黒ペンキを入れる。

 

入金確認後、墓石に掘る原稿が作成され、チェックの為に原稿が郵送される。

➡︎最終チェックをして返送する。

 

10/2までにお墓を完成し、

10/3(土)14:00に引き渡し

(ガイナーレさんの試合と丸被り)

 

 

…結構、大掛かりな打ち合わせでした。

(これを手伝う事なく夫一人でさせようとしていた私…。すまぬ。)

 

夫の実家に寄って義父に会う。

もー本当にいつも笑顔で優しいおじいちゃん。

「出来なくなってごめんね」と詫びる。

こんなに暑い中動くのはムリだよー。

90歳でしっかりしていて、一人で住うだけで素晴らしいよ。

義母の祭壇にお線香をあげる。

三人で話していると時折襖が軋む。

話好きだったおばあちゃん…そばにいるのよね。

(一緒のお墓に入っても良いか…とふと思う)

 

汚名を挽回し…なんとか夫は口を効いてくれるようになりましたとさ。