ヒロコの備忘録

ガイナーレ鳥取 湘南ベルマーレ 日記

シャント拡張術

4/5(月)起床7時(7睡)曇り☁️😶

 

 

朝に父と母の入院している病院へ。

 

腎臓内科の先生をお待ちする間、父と話す。

…覚悟は出来ている…

葬儀の目星は付けているのね。

…今のご時世、家族葬が妥当だわね。

 

 

 

腎臓内科医の説明を受ける。

シャントの血管が細く、血流が弱い。

カテーテル風船治療を今日の夕方行う。

手術の説明を受け同意書にサインする。

 

 

局部麻酔で1時間の予定。

今の病室からカテーテル室へ移動する間に顔を見られるのかな。

 

 

状態が更に悪くなると、透析をスキップするのか。

透析が出来ないで一週間経つと、カリウム、水が溜まって、心停止?呼吸停止?

延命治療、、、?

 

 

****

 

 

午後、約束の時間に実家へゆく。

…手術の付き添いは一名だけなのか。

父と夜勤明けの弟と病院へ向かう。

 

 

私だけ病棟へ向かい、二人は一階のロビーで待機。

 

1時間程経って、病室から、カテーテルの手術室へ向かう母が横たわるストレッチャーと一緒にエレベーターに乗り込む。

看護師さんが、ちょっと揺れますね!

と声をかけると、

ハイ!

と目を瞑りながらも返答した母。

あぁ答えられるのね。

 

私は手術室の前のベンチで待機する。

 

 

予定時間を少しオーバーして、私に声が掛かる。

手術室に入って、担当医がレントゲン写真を見せてくださりながらのご説明。

…細くなっていた血管が上手く拡張出来たのですね。

…ありがとうございます。

 

病室に移動する間また母のストレッチャーに付き添う。

声を掛けてみる。

…お母さん、大丈夫?

母は目を開けて、マスクをした口元をモゴモゴ動かして何か言う。

…聞き取れない。

 

…この状態が意識が悪いというものなのね。

…でも今日、明日にさよならっていう感じには見えないな。

素人判断だけれど。

 

 

先ずは、一安心。

やっぱり顔が見られると嬉しい。

…食事はストップしているのですね?

医療従事の皆さんに助けられているな。

本当に有難い。

 

 

快方に向かって欲しい。

退院出来たら、またその時、今後の事を考えて行けばいいわ。

チーム母の皆さんに助けて頂きながら。

 

 

もう充分生きたから、死にたい。

と思うように動けなくなってから言っていた母。

まだお迎えは来ないね。

まだ生きた方が良いって事だよ。

死ぬまで生きなきゃね!